親権獲得をするために / 西村総合法律事務所

西村総合法律事務所 > 離婚・浮気トラブル > 親権獲得をするために

親権獲得をするために

「経済的に困窮した暮らしになる可能性が高いが、子どもの親権が必ずほしい」
「男親だが子どもをとても大切にしてきたので、親権を獲得し、これからも一緒にくらしていきたい」
お子さんがいらっしゃるご夫婦が離婚される際には、お子さんを愛していれば愛していらっしゃるほど、こうしたお悩みを抱かれる方が多くいらっしゃいます。このページでは、離婚問題のなかでも子どもの親権の獲得にスポットをあてて、くわしく解説してまいります。

 

■そもそも親権とは
そもそも親権とは、どういった権利をさすのかを、まず確認しておきましょう。
親権を簡潔に言い表すと、
「未成熟な子どもに代わって、子どもの権利を守るために行動できる権利」というように言えるでしょう。
ご承知の通り、幼い子どもは物事の善悪や正しい判断をすることができません。
たしかに、中学生や高校生になった子どもは、一定の判断を自分で下すことができるようになると言えますが、法律上はまだ十分に成長しているとはみなされず、保護すべき対象とされます。
このような、十分な判断能力がないという背景から、子どもは自分自身を守るための行動を取れないと考えられるのです。
そこで、十分な判断能力のない子どもに代わって、親権者が子どもの権利を守るために行動することが認められているのです。

 

■親権を獲得するということ
先に述べた親権の説明を読まれた方の中には、
「私がイメージしていた親権とは、内容が異なる」と感じられた方もいらっしゃることかと思います。
一般に親権を獲得するということは、子どもの面倒をみる、すなわち一緒に暮らすというイメージを持たれていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。
たしかに、子どもと同居し、子どもを時には叱りながら世話をして、成長を見守ることは、親権者の方が送る日常生活の一つの側面であることも事実です。
しかし、法律上最も重要なことは、子どもの健全な成長ために親権者がいるということです。このことを忘れてはいけません。

 

■親権を獲得するためには
親権は、収入が絶対的に少ないから、あるいは、男親だからといったような理由で、必ずしも獲得できないということはありません。
親権を争い、離婚調停や離婚裁判になる際に重要視されるのは、子どもが安全かつ健康に過ごすことが可能で、子どもの生活環境の変化が少ないということです。子どもに暴力を振るわないようなことはもちろんですが、普段から子どもとどれだけコミュニケーションをとってきたか、ということも重要なファクターとしてみられるのです。また、中学生以上の子どもには、子ども自身の意見を聞くケースもあります。
親権を獲得するためには、これまでの子どもとの関係性を振り返る必要があるのです。

 

西村総合法律事務所は、親権獲得に向けたご相談を承っているほか、婚姻費用分担請求、不貞行為による離婚の慰謝料や財産分与など、離婚問題全般の法律トラブルについて取り扱っております。
南大阪(泉佐野市、堺市、高石市、岸和田市、和泉市、泉大津市、泉南市、阪南市、貝塚市)を中心に、大阪府、和歌山県、兵庫県、奈良県にお住いの皆様からのご相談を承っております。
些細なことであっても、離婚トラブルについてお悩みの際はお気軽にお問い合わせください。
豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 成年後見制度のメリット・...

    ■成年後見制度成年後見制度とは、本人の判断能力が不十分となった場合に、本人、配偶者、四親等以内の親族、検察官等の請求によ...

  • どこから不貞行為になる?

    配偶者に不貞行為があった場合には夫婦の一方は離婚の訴えを提起することができます。(民法770条1項1号)すなわち、不貞行...

  • 物損事故

    「買い物を終え自分の車に戻ると、傷がついていた。」「ハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかってしまった。」人が怪我をし...

  • 遺言書

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、誰に遺産を継がせる...

  • 高次脳機能障害の症状や等...

    ■高次脳機能障害とは高次脳機能障害とは、様々な定義がありますが、脳損傷を原因として生じる日常生活や社会生活を送ることが困...

  • 交通事故の過失割合につい...

    「過失割合について説明があったが、いまひとつ釈然としない。被害者である自分の損害賠償額が減額されるとはどういう意味なのだ...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 相続開始から申告までの流...

    被相続人が死亡すると相続が開始しますが、その手続きは煩雑であり、以下のような流れで行われます。 まず、七日以内...

  • 人身事故

    皆さんは、交通事故というワードから、どのような光景をイメージされるでしょうか。多くの方が、大きく破損した自動車など誰もが...

  • 相続財産の調査

    相続が決定したら、何が相続財産に当たるのかを調査し、その上でその相続財産の価額を決定する必要があります。相続放棄をする場...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ