相続人不存在に当たるケースとは?遺産の行方はどうなる? / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 相続 > 相続人不存在に当たるケースとは?遺産の行方はどうなる?

相続人不存在に当たるケースとは?遺産の行方はどうなる?

相続人不存在とは、被相続人(亡くなった人)の財産を相続する人が一人もいない状態です。

この記事では、相続人不存在になる状況と、その場合の財産の行方について解説します。

相続人不存在とは相続人が誰もいない状態

法定相続人や代襲相続人などが誰もいない場合には、相続人不存在の状態になります。

「法定相続人」とは、財産を相続する優先順位が定められた、法的な権利を持つ人です。

通常、被相続人の配偶者、子供、親、兄弟が該当します。

法定相続人が既に他界していて、被相続人にとって孫や甥、姪などが相続するケースもあり、その人は「代襲相続人」と呼ばれます。

相続人不存在に当たるケース

相続人不存在に当たる状況について解説します。

相続放棄による相続人不存在

全ての法定相続人が相続放棄をした場合、相続人が誰もいない状態と同様に相続人不存在になります。

相続放棄とは、法定相続人が財産相続の権利を放棄する行為です。

被相続人の借金を承継するリスクがある場合や、相続する不動産の価値が低いケースなど、さまざまな理由で相続放棄を選択する法定相続人がいます。

欠格・廃除による相続人不存在

法定相続人が欠格事由に該当するか家庭裁判所によって相続廃除が認められ、かつ他に誰も相続人がいない場合、相続人不存在になります。

欠格は、相続に関する法律違反により、相続資格を失うことを指します。

例えば、被相続人や他の相続人を死亡させたり、詐欺や強迫などで遺言に影響を与えたりした場合が該当します。

廃除とは、被相続人に対する虐待や重大な侮辱など著しい非行があった場合に、被相続人の意思で法定相続人の相続権を剥奪することです。

相続人不存在の場合に遺産は最終的に国庫へ

相続人不存在であっても、遺言で特定の人への財産贈与が定められている場合は、その人へ遺贈されます。

相続人が存在せず、遺言も残されていないケースでは、特別縁故者に財産分与が認められる可能性もあります。

特別縁故者とは、生前の被相続人と特別親しい関係であったため、財産を取得する権利があると家庭裁判所に認められた人を指します。

遺言もなく、特別縁故者もいない場合、遺産は国庫に帰属されます。

まとめ

被相続人に法定相続人や代襲相続人がいない、または相続権を放棄、欠格や廃除により権利を失った場合、相続人不存在の状態になります。

最終的に遺産は国庫に帰属されます。

相続手続きについては、専門家である弁護士への相談をおすすめします。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚調停における陳述書|...

    夫婦での話し合いによる離婚を協議離婚と言いますが、協議離婚が決裂してしまった場合には、家庭裁判所に申し立てを行い、離婚調...

  • 法人破産

    法人破産とは、裁判所の破産手続開始決定よって開始する、債務返済が出来なくなった会社を清算する手続きのことを指します。法人...

  • 泉佐野市の自己破産は弁護...

    ・複数の金融機関等から借金しており、返済がなかなかできていない・長年借金の返済をしているが、借金が減らない・住宅ローンの...

  • 遺留分・遺留分侵害請求権...

    ■遺留分遺留分とは、被相続人の処分によっても失われることのない、最低限度の遺産の取り分のことをいいます。遺留分はすべての...

  • どこから不貞行為になる?

    配偶者に不貞行為があった場合には夫婦の一方は離婚の訴えを提起することができます。(民法770条1項1号)すなわち、不貞行...

  • 孫に遺産を相続させるメリ...

    自分の財産を相続させるにあたって、孫への相続を考えていらっしゃる方も多いです。当記事では、孫への遺産相続におけるメリット...

  • 交通事故における逸失利益...

    交通事故の被害に遭った際には、相手方に対して慰謝料としてさまざまな費目の請求をすることができます。当記事では、その中でも...

  • 親権と養育費

    「子どもがいるなかで離婚を考えているが、まだ親権についてよく理解できていない」「子どもが大学進学を目指しているが、離婚後...

  • 成年後見制度のメリット・...

    ■成年後見制度成年後見制度とは、本人の判断能力が不十分となった場合に、本人、配偶者、四親等以内の親族、検察官等の請求によ...

  • 浮気・不倫の慰謝料計算方...

    ■浮気・不倫による慰謝料請求浮気・不倫をされてしまった場合には、配偶者や浮気・不倫の相手方に対して不法行為に基づく損害賠...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ