生活保護受給中に自己破産はできる? / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 債務整理 > 生活保護受給中に自己破産はできる?

生活保護受給中に自己破産はできる?

生活保護を受給している場合には、その受給金の中から借金の返済をすることはできません。
そのため、債務整理を検討する場合には、債務の額を減らして返済を継続する任意整理や個人再生ではなく、債務の免責を受けることができる自己破産しか利用することができません。

そこで生活保護受給中であっても自己破産を利用することができるのかといったご質問をいただきます。
結論から申し上げると、生活保護を受給している場合であっても自己破産を利用することができます。

しかしながらいくつか知っておくべきことや注意点があります。詳しく見ていきましょう。

 

◆生活保護受給中に自己破産以外の債務整理を利用できない理由
冒頭で生活保護の受給金を原資として借金の返済をすることができないと説明をしました。

その理由としては、生活保護を受けるための要件が以下のようになっているからです。


・病気や怪我によって働くことができない
・職を失い、収入がない。もしくは、収入があるが最低限の生活ができない
・最低限の生活費に充てるだけの預貯金や財産がない
・経済的な援助をしてくれる家族や親族がいない。もしくは、援助を受けても最低限の生活ができない
・生活保護以外に国の補助や支援制度を利用していない

 

この要件から分かる通り、あくまで最低限の生活補償を目的とした制度であるため、借金の返済に充てることができません。
もし、借金の返済をしていることが判明した場合には、不正受給と判断され、支給が停止してしまったり、給付金の返還や徴収金を求められてしまう可能性もあります。

そのため、債務の返済を続けなければならない個人再生や任意整理を利用することは不可能となっています。
しかし、自己破産であれば債務が免責されるため、問題なく生活保護を利用することができますし、生活保護の要件として自己破産をしている場合には不可能というものもありません。

 

◆生活保護受給者は自己破産費用が免除される
自己破産を利用するためには、裁判所に支払うお金や弁護士費用を含めて、かなりの額がかかってしまう可能性があります。

しかしながら、生活保護受給者の場合であれば、法テラスが費用を立て替えてくれる、民事法律扶助制度があるため、支払う必要がありません。
もっともこの制度を利用するためには、法テラス事務所に問い合わせ、法テラスと契約をしている専門家に依頼をする必要があります。

ただし法テラスと連携していない法律事務所の場合には民事法律扶助制度を利用することができないため、必ず法テラスを通して弁護士に依頼をするようにしましょう。

 

◆生活保護受給者が自己破産をする際の注意点
自己破産の費用を払う必要がないなど、メリットもある一方で、注意しなければならない点が2つあります。

 

1つは、生活保護受給中に新たに借金をすることができないという点です。
生活保護を利用していることを秘匿した上で、銀行や消費者金融からお金を借りることはできません。
銀行や消費者金融は審査を行い、その審査に運良く通過した場合であっても、いずれ必ず看破されてしまいます。
虚偽の申告で借金をしたことが自治体に知れてしまった場合には、不正受給と判断され、給付金の停止、返還、徴収金の支払いが発生してしまう可能性があります。
そのため、生活保護受給中には借金の申し込みはしないようにしておきましょう。

 

2つ目は、不正受給と判断され、返還を求められた場合に、その返還金を自己破産に含むことができないという点です。
不正受給金の返還は基本的に一括での返済を求められますが、ほとんどの方が一括返済できず、分割で支払うこととなります。
そこで、この返還金を、自己破産を利用することで、支払いの免除を試みる方がいらっしゃいます。
しかしながら生活保護の返還金の支払いは免除の対象とはならないため、不正受給は絶対にしてはいけないと言えます。

 

西村総合法律事務所は、大阪府泉佐野市を中心に大阪府の法務を取り扱っております。

駅から徒歩1分の好立地となっているためアクセスが良く、気軽に足を運んでいただくことが可能かと思います。
主な取り扱い分野は離婚・男女問題、遺産相続、交通事故、債務問題と多岐にわたる分野で活動をしております。
お悩みの方はお気軽に一度ご相談にお越しください。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 親権と養育費

    「子どもがいるなかで離婚を考えているが、まだ親権についてよく理解できていない」「子どもが大学進学を目指しているが、離婚後...

  • 相続人の調査

    遺産分割を行うには、誰が相続人であるかをまず確定しなければなりません。例え全ての財産が遺言で第三者に贈与されていたとして...

  • 休業損害とは

    ■休業損害の意義交通事故により負傷すると、治療等のためにしばらく働くことができず、本来得られたはずの収入が得られなくなる...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 親の借金を相続しない方法...

    自分が親の相続人となった場合に、親の借金を相続しない方法として、「相続放棄」と「限定承認」という2つの手段を採ることが考...

  • 財産分与

    「今まで苦労して家庭を守ってきたのに、離婚すると一文無しから再スタートしなければならないの?」「離婚を検討しているものの...

  • 浮気・不倫の慰謝料計算方...

    ■浮気・不倫による慰謝料請求浮気・不倫をされてしまった場合には、配偶者や浮気・不倫の相手方に対して不法行為に基づく損害賠...

  • 高次脳機能障害の症状や等...

    ■高次脳機能障害とは高次脳機能障害とは、様々な定義がありますが、脳損傷を原因として生じる日常生活や社会生活を送ることが困...

  • 追突事故の過失割合

    自動車同士の交通事故として、追突事故が最も多い類型となっています。信号待ちで停車中に後続車両に追突されたような場合や、急...

  • 慰謝料(不貞行為)

    「何度言っても夫の浮気癖が治らず、堪忍袋の緒が切れた。」「妻が隠れて不倫していたため、離婚したい。」こうした浮気や不倫に...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ