祖父母が親権者になることは可能!具体的な方法や注意点など / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 離婚・浮気トラブル > 祖父母が親権者になることは可能!具体的な方法や注意点など

祖父母が親権者になることは可能!具体的な方法や注意点など

親が、病気やその他理由で子育てが困難になったり、子供の福祉を脅かしていたりする場合に、祖父母は孫に対する法的な権利を得たいと思うかもしれません。

祖父母は孫と養子縁組をすることで、親権を取得できる可能性があります。

この記事では、祖父母が孫の親権者になるための具体的な方法や注意点などを解説します。

親権とは

親権とは、 子供の利益のために教育やしつけ、子供の財産管理をする権利のことで、基本的に親が持ちます。

祖父母が親権を取得する方法

親権者になれるのは、基本的に子供の父母だけで、祖父母が孫の親権者になることはできません。

ただし、祖父母が養子縁組によって孫の養親になれば親権を取得できる可能性があります。

孫と養子縁組をするためには、祖父母または孫の本籍地か現住所地の市区町村役場に「養子縁組届」および、当事者の戸籍謄本などの必要書類を提出し手続きします。

祖父母が養親として親権を得る時の注意点

祖父母が親権を得ようとする際、孫が未成年者である場合は、以下の点に注意が必要です。

祖父母の両方が養子縁組する必要がある

法律上、配偶者がいる人が未成年者を養子にする場合は、原則として、夫婦共に養子縁組をしなければなりません。

祖父母の一方だけが養子縁組を望み、もう一方が反対している場合は成立しません。

現親権者や孫本人の承諾が必要

15歳未満の孫との普通養子縁組を望む場合は、現親権者の承諾が必要です。

孫が15歳以上の場合は、本人の承諾が必要です。

たとえ祖父母が養子縁組を希望しても、現親権者や孫の承諾が得られなければ、法律上祖父母は親権者になれません。

特別養子縁組によって親権を得られるケース

特別養子縁組とは、家庭裁判所が子供の利益のために必要があると認める時に成立する養子縁組制度です。

普通養子縁組とは異なり、養子となる子供と実親との間の法的な親子関係が解消されます。

虐待や養育放棄などのために孫の利益が著しく害される場合、実親の同意がなくても特別養子縁組が認められるケースもあります。

まとめ

養子縁組を通じて、祖父母が孫の養親として親権を得られる場合があります。

孫が15歳未満であれば親権者の同意が必要で、15歳以上の場合は本人の承諾が必要になります。

親権を得る方法については専門家である弁護士への相談をおすすめします。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 法人破産

    法人破産とは、裁判所の破産手続開始決定よって開始する、債務返済が出来なくなった会社を清算する手続きのことを指します。法人...

  • 後遺障害

    「交通事故で怪我をしてしまい、後遺症が残ってしまうかもしれない」「後遺障害についても十分に損害賠償をしてもらうには、どう...

  • 人身事故

    皆さんは、交通事故というワードから、どのような光景をイメージされるでしょうか。多くの方が、大きく破損した自動車など誰もが...

  • 生活保護受給中に自己破産...

    生活保護を受給している場合には、その受給金の中から借金の返済をすることはできません。そのため、債務整理を検討する場合には...

  • 遺産相続で起こりやすいト...

    ■相続人の地位をめぐるトラブル遺産相続では、最初に相続人と相続財産を確定させ、その分配方法を決定し、名義変更等の手続を行...

  • 離婚調停の流れ

    ■離婚調停の手続き〇離婚調停の申立て離婚調停は、夫婦の一方が家庭裁判所に申し立てることによって開始します。調停の申し立て...

  • 相続開始から申告までの流...

    被相続人が死亡すると相続が開始しますが、その手続きは煩雑であり、以下のような流れで行われます。 まず、七日以内...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、どのような方法で進めればいいのか分からない」「どうにか離婚することを目標に、条件は相手に任せてい...

  • 相続人不存在に当たるケー...

    相続人不存在とは、被相続人(亡くなった人)の財産を相続する人が一人もいない状態です。この記事では、相続人不存在になる状況...

  • 慰謝料(不貞行為)

    「何度言っても夫の浮気癖が治らず、堪忍袋の緒が切れた。」「妻が隠れて不倫していたため、離婚したい。」こうした浮気や不倫に...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ