追突事故の慰謝料相場はいくら?計算方法や増額のポイントなど / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 交通事故 > 追突事故の慰謝料相場はいくら?計算方法や増額のポイントなど

追突事故の慰謝料相場はいくら?計算方法や増額のポイントなど

追突事故が起きた場合に慰謝料がどれくらいもらえるのかといったご質問をいただきます。
本記事では、計算方法を含めた増額のポイントを解説いたします。

 

◆慰謝料の計算方法
交通事故が起きた場合の慰謝料の計算方法は3種類あります。
自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。それぞれの計算方法について詳しく解説をしていきます。

 

●自賠責保険基準
相手方が任意保険に加入をしていなかった場合には、この自賠責保険基準が適用されることとなります。
この基準は最低限の損失補償という役割でしかないため、十分な額の補償が受けられる可能性が非常に低いものとなっています。
具体的には、1日あたり約4300円となっており、大きな怪我を負ってしまった場合には、入院費用や治療費などを考えると明らかに十分な補償であるとは言えないでしょう。

 

●任意保険基準
相手方が任意保険に加入をしている場合には、相手方の保険会社と慰謝料の示談交渉を行うこととなります。
この計算方法は任意保険会社によって異なるため、具体的な金額についてはご紹介することができませんが、少なくとも自賠責保険基準よりは高額な賠償を請求することができます。
しかしながら、任意保険会社は相手方の味方をし、なるべく支払う額を抑えるために、裁判を行なって判決によって決まる額からは明らかに少ないものとなっています。

 

●弁護士基準
相手方の任意保険会社と示談交渉を行う際に弁護士に依頼をすると、弁護士が交渉で利用する計算方法がこの弁護士基準です。

この基準は、過去の裁判例を参考にしており、弁護士は依頼を受けると、依頼者の事故と似たシチュエーションの事故の判例を探し、その判例内で裁判所が判決により支払いを命じた額での交渉を行うこととなります。
そのため、裁判所基準という名前で呼ばれることもあります。

 

◆慰謝料増額のためのポイント
慰謝料を増額するためには、やはり何と言っても弁護士に依頼をすることがおすすめです。
弁護士基準の説明で、過去の裁判例をもとに交渉を行うという説明をしましたが、それでは弁護士に依頼料を支払わずに、自身で判例を見つけ、相手方の保険会社と交渉すれば良いのではないかと考えられる方もいらっしゃると思います。
しかし、個人での交渉は2つの難点があります。


1つは、法律に詳しくない一般の方が、自身の事故と似たシチュエーションの判例を見つけることが非常に難しいという点です。
事故が起きた場合には、治療を続けながら交渉を行わなければならないため、法律や判例を調べながら相手方の保険会社と交渉を行うということ自体、身体的にも心理的にも大きな負担となることから、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

2点目は、任意保険会社は一般人との示談交渉においては強固な姿勢を崩すことがないという点です。
先述のとおり、保険会社はなるべく支払う額を抑えるために、被害者に対して不利な条件での交渉を行います。
そして法律に詳しくない一般の方に対しては、強固な姿勢で交渉を行うため、交渉がなかなかスムーズに進むことがありません。
そこで弁護士に依頼をすると、今までスムーズに行かなかった交渉がいきなり成立するという話も珍しくありません。

 

◆慰謝料の相場
事故によって負ってしまった怪我がどれくらい重度なものかや後遺障害が残ってしまったかによって、慰謝料の額は変わってくるため、詳しい額の説明については控えます。
もっとも自賠責保険基準と弁護士基準では、交通事故によって発生する怪我の中でも軽度なむち打ちでさえ、数十万円の単位で賠償額が違ってくることがあります。

したがって、交通事故の示談交渉は弁護士に相談・委任をすることが望ましいと言えます。

 

西村総合法律事務所は、大阪府泉佐野市を中心に大阪府の法務を取り扱っております。

駅から徒歩1分の好立地となっているためアクセスが良く、気軽に足を運んでいただくことが可能です。
主な取り扱い分野は離婚・男女問題、遺産相続、交通事故、債務問題と多岐にわたる分野で活動をしております。
お悩みの方はお気軽に一度ご相談にお越しください。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 親権獲得をするために

    「経済的に困窮した暮らしになる可能性が高いが、子どもの親権が必ずほしい」「男親だが子どもをとても大切にしてきたので、親権...

  • 過失割合はどうやって決ま...

    交通事故においては被害者にも信号無視、前方不注視などの過失がある場合があります。そのような場合に裁判所は被害者側の過失を...

  • 交通事故で被害者が死亡し...

    「愛する家族を交通事故で失った。加害者には罪を償ってもらいたいと思うが、損害賠償請求などについてどう対応したらよいのか分...

  • 遺言書

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、誰に遺産を継がせる...

  • 交通事故の過失割合につい...

    「過失割合について説明があったが、いまひとつ釈然としない。被害者である自分の損害賠償額が減額されるとはどういう意味なのだ...

  • 物損事故

    「買い物を終え自分の車に戻ると、傷がついていた。」「ハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかってしまった。」人が怪我をし...

  • 相続財産の調査

    相続が決定したら、何が相続財産に当たるのかを調査し、その上でその相続財産の価額を決定する必要があります。相続放棄をする場...

  • 財産分与

    「今まで苦労して家庭を守ってきたのに、離婚すると一文無しから再スタートしなければならないの?」「離婚を検討しているものの...

  • 相続人の調査

    遺産分割を行うには、誰が相続人であるかをまず確定しなければなりません。例え全ての財産が遺言で第三者に贈与されていたとして...

  • 人身事故

    皆さんは、交通事故というワードから、どのような光景をイメージされるでしょうか。多くの方が、大きく破損した自動車など誰もが...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ