物損事故 / 西村総合法律事務所

西村総合法律事務所 > 交通事故 > 物損事故

物損事故

「買い物を終え自分の車に戻ると、傷がついていた。」
「ハンドル操作を誤り、ガードレールにぶつかってしまった。」
人が怪我をしていなくとも、こうした交通事故は日常的に発生しています。
このページでは、交通事故のなかでも物損事故にスポットをあてて、くわしく解説してまいります。

 

■物損事故とは
「物損事故ってワードは耳にしたことがあるけれど、どんな事故をさすの?」
交通事故は身近に発生しているとはいえ、そうした事故がどのように処理されているかまでは、多くの方は知らないことでしょう。
とくに物損事故はニュースで取り上げられることも少ないため、知らないという方も少なくありません。
物損事故を簡潔に言い表すと、「人が負傷することのなかった交通事故」と言えます。
たとえば冒頭に挙げたような、無人で駐車中の車に衝突したような事故や、ガードレールに衝突したような事故は、物損事故の典型例です。
人が乗っていても、誰も怪我をした人がいないために、被害者の方が物損事故として処理することを希望するケースもあります。

 

■物損事故の特徴
物損事故の大きな特徴として挙げられるのが、自賠法が適用されないということです。
自賠法とは、自動車損害賠償保障法の略称で、物損事故以外の人身事故や死亡事故に適用される法律です。
自賠法には2つの大きな特徴がありますが、物損事故にはそれが適用されません。
それが、「無過失責任」と「運行供用者責任」と呼ばれるものです。
「無過失責任」とは、通常は被害者が被害内容として加害者の過失を立証する責任があるものの、逆に、加害者に「過失がなかったこと」を立証する責任がある、とするものです。
これにより、交通事故の被害者は負担が大きく軽減され、救済されやすくなります。
「運行供用者責任」とは、自動車を運転していて交通事故をおこした本人やその使用者だけではなく、自動車を実質的に支配する立場にあった人にも責任があるとするものです。
これにより、交通事故の被害者は損害賠償請求を求める相手が増えるため、救済されやすくなります。
物損事故では、こうした2つの被害者にとって大きなメリットであるものが適用されないのです。
物損事故の損害賠償は、民法上の不法行為責任として求めていくことになります。

 

西村総合法律事務所は、物損事故に限らず、交通事故全般の法律トラブルについて取り扱っております。
南大阪(泉佐野市、堺市、高石市、岸和田市、和泉市、泉大津市、泉南市、阪南市、貝塚市)を中心に、大阪府、和歌山県、兵庫県、奈良県にお住いの皆様からのご相談を承っております。
些細なことであっても、交通事故についてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。
豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故で被害者が死亡し...

    「愛する家族を交通事故で失った。加害者には罪を償ってもらいたいと思うが、損害賠償請求などについてどう対応したらよいのか分...

  • 追突事故の過失割合

    自動車同士の交通事故として、追突事故が最も多い類型となっています。信号待ちで停車中に後続車両に追突されたような場合や、急...

  • 親権と養育費

    「子どもがいるなかで離婚を考えているが、まだ親権についてよく理解できていない」「子どもが大学進学を目指しているが、離婚後...

  • 離婚の種類と手続き

    「離婚を検討しているが、どのような方法で進めればいいのか分からない」「どうにか離婚することを目標に、条件は相手に任せてい...

  • 慰謝料(不貞行為)

    「何度言っても夫の浮気癖が治らず、堪忍袋の緒が切れた。」「妻が隠れて不倫していたため、離婚したい。」こうした浮気や不倫に...

  • 自己破産

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活を再生する機会を確保する債務整理の手段をいいます。自己破産...

  • 交通事故の過失割合につい...

    「過失割合について説明があったが、いまひとつ釈然としない。被害者である自分の損害賠償額が減額されるとはどういう意味なのだ...

  • 相続開始から申告までの流...

    被相続人が死亡すると相続が開始しますが、その手続きは煩雑であり、以下のような流れで行われます。 まず、七日以内...

  • 人身事故

    皆さんは、交通事故というワードから、どのような光景をイメージされるでしょうか。多くの方が、大きく破損した自動車など誰もが...

  • 相続人の調査

    遺産分割を行うには、誰が相続人であるかをまず確定しなければなりません。例え全ての財産が遺言で第三者に贈与されていたとして...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ