休業損害とは / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 交通事故 > 休業損害とは

休業損害とは

■休業損害の意義
交通事故により負傷すると、治療等のためにしばらく働くことができず、本来得られたはずの収入が得られなくなる場合があります。このような損害のことを、休業損害といいます。

 

休業損害の金額は、日額基礎収入(1日当たりの損害額)と休業日数の積によって計算します。なお、休業日数とは業務内容や傷害の内容・程度等に応じて相当な日数のことをいい、実際に仕事を休んだ日数と休業日数が一致するとは限りません。

 

休業損害=日額基礎収入×休業日数

 

■休業損害の具体的な計算方法
日額基礎収入の計算方法は、被害者の属性によって変わってきます。

 

〇給与所得者の場合
給与所得者の日額基礎収入は、事故直前3カ月間または1年間の給与合計額を、それぞれ実働日数で割ることによって計算します。これをもとに、先ほどの方法で休業損害を計算すると、以下のような計算式が成り立ちます。

 

休業損害=(直前3カ月間の給与合計額/直前3カ月間の実働日数)×休業日数
休業損害=(直前1年間の給与合計額/直前1年間の実働日数)×休業日数

 

日額基礎収入については、事故直前3カ月間の給与合計額を【90日】で割るとか、事故直前1年間の給与合計額を【365日】で割るといった説明がなされる場合もあります。しかし、日額基礎収入は1日働いた場合に得られる平均的な対価ですから、これを計算するにあたっては、3カ月間または1年間に発生した給与合計額を【その期間内の実働日数】で割るのが適切です。90日や365日で割る計算だと、平日・休日をすべて含めて1日当たりの給与を計算することになって、日額基礎収入が実際より安くなってしまいます。

 

〇事業所得者の場合
被害者が自営業者等の事業所得者にあたる場合には、事故直前の1年間に発生した所得を365日で割って計算します。1年間の所得は、課税証明書や所属税申告書の控えによって証明します。

 

確定申告をしていない場合には、帳簿等の資料を使うこともあります。

 

■有給休暇を利用した場合の計算方法
交通事故によって負傷し、その治療をする目的で有給休暇を利用した場合、会社からは当然賃金が支払われます。したがって、一見すると損害は発生していないようにも思われます。

 

しかし、有給休暇を利用して治療を行ったということは、有給休暇の日数を削って、本来自由に使えたはずの時間を治療に使ったということです。そのため、有給休暇を利用して治療した場合であっても、休業日数に応じた休業損害が認められます。裁判例にも、同様の事案で休業損害を認定したものがあります。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • センターラインをはみ出し...

    センターラインをはみ出した対向車と接触し事故が起きた場合、過失はすべて対向車にあり、過失割合は100:0となるケースが多...

  • 過失割合はどうやって決ま...

    交通事故においては被害者にも信号無視、前方不注視などの過失がある場合があります。そのような場合に裁判所は被害者側の過失を...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 高次脳機能障害の症状や等...

    ■高次脳機能障害とは高次脳機能障害とは、様々な定義がありますが、脳損傷を原因として生じる日常生活や社会生活を送ることが困...

  • 相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこで相続放棄が認めら...

  • 孫に遺産を相続させるメリ...

    自分の財産を相続させるにあたって、孫への相続を考えていらっしゃる方も多いです。当記事では、孫への遺産相続におけるメリット...

  • 離婚調停の流れ

    ■離婚調停の手続き〇離婚調停の申立て離婚調停は、夫婦の一方が家庭裁判所に申し立てることによって開始します。調停の申し立て...

  • 人身事故

    皆さんは、交通事故というワードから、どのような光景をイメージされるでしょうか。多くの方が、大きく破損した自動車など誰もが...

  • 親権獲得をするために

    「経済的に困窮した暮らしになる可能性が高いが、子どもの親権が必ずほしい」「男親だが子どもをとても大切にしてきたので、親権...

  • 相続人不存在に当たるケー...

    相続人不存在とは、被相続人(亡くなった人)の財産を相続する人が一人もいない状態です。この記事では、相続人不存在になる状況...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ