協議離婚 とは / 西村総合法律事務所

西村総合法律事務所 > 離婚・浮気トラブルに関するキーワード > 協議離婚 とは

協議離婚 とは

  • 過払い金請求

    過払い金とは、その上限を超えた金利を支払っていた場合に発生するような、本来支払う必要のない金額のことをいいます。過払い金は支払う必要のないものであることから返還請求ができます。過払い金が発生していた理由の一つとして、利息制限法とは別で罰則を規定していた出資制限法という法律の利息の上限が、利息制限法の上限と異なって...

  • 自己破産

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活を再生する機会を確保する債務整理の手段をいいます。自己破産は、まず、債務者が自己破産の手続き開始の申し立てをすることから始まります(破産法15条1項)。申し立ては、申立書と所定の添付書類によって行われます(破産法20条1項、2項)。 債務者の免責する手...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを個人再生といいます。そして個人再生の中でも主要なものとして、小規模個人再生というものがあります。 小規模個人再生の手続きが開始される要件は、「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」が...

  • 任意整理

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との間での話し合いにより行われるものをいいます。任意整理は、民事再生や自己破産とは異なり、裁判所の関与なく行われるため、簡易かつ迅速に行われるというメリットがあります。他方で、任意整理は手続が法定されていないことから、手続きの過程が不透明であるというデメリッ...

  • 親権と養育費

    ■そもそも親権とは「そもそも親権がどういった権利をさすのか分からない」お子さんがいる夫婦が離婚届を提出する際には、子どもの親権者を必ず記入しなければなりません。お子さんがいらっしゃるご夫婦でも、親権について改めてまじめに考え直すという機会はあまりないでしょうから、こうしたお悩みは当然とも言えます。親権を簡潔に言い...

  • 親権獲得をするために

    ■そもそも親権とはそもそも親権とは、どういった権利をさすのかを、まず確認しておきましょう。親権を簡潔に言い表すと、「未成熟な子どもに代わって、子どもの権利を守るために行動できる権利」というように言えるでしょう。ご承知の通り、幼い子どもは物事の善悪や正しい判断をすることができません。たしかに、中学生や高校生になった...

  • 婚姻費用分担請求

    ■婚姻費用とは「離婚を検討しはじめてから婚姻費用というキーワードを聞いたが、まったく聞いたことがない」ご相談にあたり、このようなご感想を伺うことは少なくありません。婚姻費用について、分かりやすくご説明すると、「結婚している間にかかるさまざまなお金」というふうに言うことができるでしょう。婚姻費用には、食費や住居費、...

  • 財産分与

    ■財産分与とは「離婚について調べていると財産分与というキーワードが出てきたが、よくわからない。これは、離婚を検討されていらっしゃる多くの方が抱かれるお悩みの一つです。財産分与というキーワードを分かりやすくご説明すると、「結婚期間中に夫婦が築いてきた財産を、離婚にともなってそれぞれの分に分割すること」というふうに言...

  • 離婚の種類と手続き

    協議離婚とは、家庭裁判所などの第三者を間に挟むことなく、離婚をする当事者だけでその条件などについて話し合いを行い、その結果合意することで成立させる離婚の方法をさします。日本で行われている離婚のほとんどで、この協議離婚の方法がとられていると言われています。協議離婚により離婚する場合には、夫婦間で合意した離婚の諸条件...

  • 慰謝料(不貞行為)

    ■慰謝料とは「離婚しようと考えているが、慰謝料が一体なんなのかよくわからない。慰謝料というワードを耳にしたことがあっても、実際によくわからないという方多くいらっしゃっています。そもそも慰謝料とは、どういったものをさすのでしょうか。慰謝料を分かりやすく簡潔にご説明すると、「相手の言動により受けた心の傷を癒やすために...

  • 遺言書

    方式に不備があるとからといって、必ずしも遺言が無効になるわけではありませんが、方式を満たすに越したことはないでしょう。なお、自筆証書遺言は相続法改正により、相続財産の目録だけは自書しなくても良いことが認められました(目録の添付は必要です)。 公正証書遺言は、公証人に依頼して遺言書を作成する方式です。最も安全で確実...

  • 相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこで相続放棄が認められると、「相続の放棄をしたものは、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったもの」とみなされます(民法939条)。 初めから相続人とならなかったとみなされるため、他の相続人にも影響を及ぼす...

  • 相続財産の調査

    一般に、不動産は遺産の中で一番財産的に大きな価値を占めることは間違いありませんが、その評価については非常に複雑で困難であるとされます。その理由として、公的な評価基準が複数存在することが挙げられます。代表的なものは、「固定資産評価額」(固定資産税を基準に決定)や「路線価」(道路に面した標準値の1平方メートル当たりの...

  • 交通事故のトラブルを弁護士に相談するメリット

    担当者も何件もの交通事故の示談交渉にあたっているとはいえ、珍しいタイプの事故で法的な知識不足がある可能性や、加害者側も同じ会社の任意保険に加入しているという可能性があります。こうした理由から、示談交渉については弁護士に依頼することで、法律と交渉のプロに任せることができ、安心することができるのです。 ■弁護士による...

  • 示談交渉

    「交通事故の示談交渉で不利にならないために、自分で何かできることはあるの?」これらのようなお悩みは、交通事故の被害にあわれた後に示談交渉を行っている段階の方が当然に抱かれるものです。このページでは、交通事故のなかでも示談交渉にスポットをあてて、くわしく解説してまいります。 ■示談交渉とは交通事故の示談交渉とは、交...

  • 後遺障害

    ■後遺障害とは後遺障害とは、自賠法施行令に定められた基準を満たすような重度の後遺症として認められたものをさします。後遺障害には1級から14級までの等級が定められており、この等級に照らし合わせて認定されることになります。なお、1級が最も重い後遺障害です。交通事故による怪我で後遺症が残ってしまったとしても、それが必ず...

  • 慰謝料・損害賠償

    損害賠償とは、文字通り損害を賠償してもらうことをさします。相手に損害の賠償を求めることを損害賠償請求といい、実際に支払ってもらうこととなる金額を損害賠償額といいます。それに対して慰謝料は、精神的な損害についての賠償金のことをさします。一般的に分かりやすく言い換えると、交通事故により心を傷つけられたことについて、そ...

  • 人身事故

    ■人身事故とは人身事故というワードは耳にしたことがあるとはいえども、どのような事故をさすのか具体的には分からないという方が多いことかと思います。人身事故がどのような事故かを簡潔にご説明すると、「負傷してしまった人がいる交通事故」ということができるでしょう。多くの方が思い浮かべるような、自動車により人が負傷してしま...

  • 物損事故

    ■物損事故とは「物損事故ってワードは耳にしたことがあるけれど、どんな事故をさすの?」交通事故は身近に発生しているとはいえ、そうした事故がどのように処理されているかまでは、多くの方は知らないことでしょう。とくに物損事故はニュースで取り上げられることも少ないため、知らないという方も少なくありません。物損事故を簡潔に言...

西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺留分・遺留分侵害請求権...

    ■遺留分遺留分とは、被相続人の処分によっても失われることのない、最低限度の遺産の取り分のことをいいます。遺留分はすべての...

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 婚姻費用分担請求

    「離婚を検討して別居中だが、経済的に苦しい状況が続いている」「友人から別居中の相手への婚姻費用分担請求を勧められたが、よ...

  • 自己破産

    自己破産とは、債務者の財産を清算するとともに、債務者の経済生活を再生する機会を確保する債務整理の手段をいいます。自己破産...

  • 任意整理

    任意整理とは、裁判所の外で行われるもので、債務者と債権者との間での話し合いにより行われるものをいいます。任意整理は、民事...

  • 示談交渉

    「交通事故の加害者側の保険会社から示談金額を提示されたが、少ないか判断できない」「交通事故の示談交渉で不利にならないため...

  • 遺言書

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、誰に遺産を継がせる...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生とは、債務者が、破産を回避して経済生活の再生を図るものをいい、その中でも特に、個人債務者の再生を目的とするものを...

  • 親権獲得をするために

    「経済的に困窮した暮らしになる可能性が高いが、子どもの親権が必ずほしい」「男親だが子どもをとても大切にしてきたので、親権...

  • 慰謝料(不貞行為)

    「何度言っても夫の浮気癖が治らず、堪忍袋の緒が切れた。」「妻が隠れて不倫していたため、離婚したい。」こうした浮気や不倫に...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ