相続 借金 / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続 借金

相続 借金

  • 泉佐野市の自己破産は弁護士にご相談ください

    ・複数の金融機関等から借金しており、返済がなかなかできていない・長年借金の返済をしているが、借金が減らない・住宅ローンの返済が厳しく、家を手放さなければならないかもしれない・返済の取り立てが厳しく毎日怯えている。 このように、借金でお困りの方は上記のようなお悩みを抱えていることと思います。また、自分が借金をした場...

  • 親の借金を相続しない方法とは?相続放棄の注意点も併せて解説

    自分が親の相続人となった場合に、親の借金相続しない方法として、「相続放棄」と「限定承認」という2つの手段を採ることが考えられます。 まず相続放棄について、相続放棄とは、故人が遺したプラスの財産、マイナスの財産含めて一切承継しないという手段です。この相続放棄は、故人の借金相続したくないという趣旨で多く用いられる...

  • 個人再生をしたらローン返済中の車はどうなる?

    「個人再生」とは、裁判所に対して申立てを行い、借金を減額してもらい、債務整理を行うものです。この個人再生を行い、保有している車が引き上げられてしまう場合と、引き上げられない場合があるため、これらの区別についてご紹介します。重要となるのは、車のローンを完済しているか否かです。自動車のローンを完済している場合には、保...

  • 財産分与

    例えば、自動車や住宅のローン、借金なども財産分与の対象となっているのです。これは、それら借金が“負の財産”として考えられていることが理由です。また、どちらかが厚生年金に加入している場合には、その年金も財産分与の対象となります。仕事をし、それによって得られる給与の中から年金が支払われているということで、将来的に得ら...

  • 遺産分割協議

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続きを遺産分割と言います。 遺産分割は、原則どのような形で分割をするかは自由です。それぞれが実際に遺産を取得する方式のほか、相続人のうち1人が財産を取得し、その1人が他の相続人に代金を支払うなどの...

  • 遺言書

    なお、自筆証書遺言は相続法改正により、相続財産の目録だけは自書しなくても良いことが認められました(目録の添付は必要です)。 公正証書遺言は、公証人に依頼して遺言書を作成する方式です。最も安全で確実な方式ということができます。要件は、証人2人以上の立ち会いがあること、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること、公証人...

  • 相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこで相続放棄が認められると、「相続の放棄をしたものは、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったもの」とみなされます(民法939条)。 初めから相続人とならなかったとみなされるため、他の相続人にも影響を及ぼす...

  • 相続財産の調査

    相続が決定したら、何が相続財産に当たるのかを調査し、その上でその相続財産の価額を決定する必要があります。相続放棄をする場合には必要ありませんが、単純承認のみならず、限定承認でも必要です。相続財産は多岐に渡りますが、一般に問題になるのは現金及び預貯金と、不動産です。 まず、現金や預貯金などについては、金額がそのまま...

  • 相続人の調査

    遺産分割を行うには、誰が相続人であるかをまず確定しなければなりません。例え全ての財産が遺言で第三者に贈与されていたとしても、遺留分について遺留分減殺請求権を行使するには、やはり相続人を確定する必要があります。その際に必要となっているのが、戸籍となります。 日本の民法上、相続人は被相続人の意思で全て決まるのではなく...

  • 相続開始から申告までの流れ

    相続人が死亡すると相続が開始しますが、その手続きは煩雑であり、以下のような流れで行われます。 まず、七日以内に死亡届を市区町村に提出せねばなりません。これは必ず行われます。次に、遺言書を確認します。ない場合には省略されます。そして、相続人が誰なのかを確定させ、相続財産にどのようなものがあるかを明らかにします。

  • 遺留分・遺留分侵害請求権とは

    遺留分とは、被相続人の処分によっても失われることのない、最低限度の遺産の取り分のことをいいます。遺留分はすべての相続人に認められているわけではなく、配偶者・子(その代襲者および再代襲者)・直系尊属のみが遺留分権利者とされています(民法1042条1項)。兄弟姉妹は遺留分権利者ではありません。 ■遺留分侵害請求権遺留...

  • 浮気・不倫の慰謝料計算方法

    西村総合法律事務所は、大阪府堺市・泉佐野市などを中心に大阪府全域、兵庫県や奈良県、和歌山県において、浮気・不倫の慰謝料請求をはじめとして、離婚問題、交通事故、相続問題、債務の整理等様々なご相談を承っております。ささいなお悩みであったとしても、西村総合法律事務所までお気軽にご相談ください。知識と経験のある弁護士が誠...

  • 高次脳機能障害の症状や等級認定基準

    西村総合法律事務所は、大阪府堺市・泉佐野市などを中心に大阪府全域、兵庫県や奈良県、和歌山県において、交通事故問題をはじめとして、離婚問題、相続問題、債務の整理等様々なご相談を承っております。ささいなお悩みであったとしても、西村総合法律事務所までお気軽にご相談ください。知識と経験のある弁護士が誠実に対応させていただ...

  • 成年後見制度のメリット・デメリット

    そのため、被後見人の財産の積極的運用や相続税の節税対策などが行いにくいというデメリットがあります。 西村総合法律事務所は、大阪府堺市・泉佐野市などを中心に大阪府全域、兵庫県や奈良県、和歌山県において、成年後見制度をはじめとして、離婚問題、交通事故、相続問題、債務の整理等様々なご相談を承っております。ささいなお悩み...

  • 遺産相続で起こりやすいトラブルとは

    相続人の地位をめぐるトラブル遺産相続では、最初に相続人と相続財産を確定させ、その分配方法を決定し、名義変更等の手続を行うことになります。 相続人の決まり方は、被相続人が遺言書を作成していたか否かによって変わってきます。遺言書がある場合には、遺言書に記載された人が相続人となって、遺言書に記載された相続財産を取得す...

  • 交通事故による鎖骨骨折|後遺障害は認められるか

     西村綜合法律事務所は、大阪府堺市・泉佐野市を中心に、大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県などにおいても、交通事故をはじめ、相続、離婚トラブル、債務整理などのお客様の悩みを解決しております。どんな些細な内容でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故の過失割合につい...

    「過失割合について説明があったが、いまひとつ釈然としない。被害者である自分の損害賠償額が減額されるとはどういう意味なのだ...

  • 高次脳機能障害の症状や等...

    ■高次脳機能障害とは高次脳機能障害とは、様々な定義がありますが、脳損傷を原因として生じる日常生活や社会生活を送ることが困...

  • 慰謝料(不貞行為)

    「何度言っても夫の浮気癖が治らず、堪忍袋の緒が切れた。」「妻が隠れて不倫していたため、離婚したい。」こうした浮気や不倫に...

  • 追突事故の過失割合

    自動車同士の交通事故として、追突事故が最も多い類型となっています。信号待ちで停車中に後続車両に追突されたような場合や、急...

  • 交通事故による鎖骨骨折|...

    交通事故で生じる後遺障害とは、後遺障害等級の認定を受ける程度の後遺症のことをいいます。この後遺障害等級は、後遺症による慰...

  • 遺産相続で起こりやすいト...

    ■相続人の地位をめぐるトラブル遺産相続では、最初に相続人と相続財産を確定させ、その分配方法を決定し、名義変更等の手続を行...

  • 後遺障害

    「交通事故で怪我をしてしまい、後遺症が残ってしまうかもしれない」「後遺障害についても十分に損害賠償をしてもらうには、どう...

  • 交通事故のトラブルを弁護...

    「交通事故の被害にあったが、損害賠償請求をどのように進めればいいのかわからない」「自分が加入している任意保険会社の担当者...

  • 遺産分割協議

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続...

  • 親の借金を相続しない方法...

    自分が親の相続人となった場合に、親の借金を相続しない方法として、「相続放棄」と「限定承認」という2つの手段を採ることが考...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ