センターラインをはみ出した対向車との事故|過失割合はどうなる? / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 交通事故 > センターラインをはみ出した対向車との事故|過失割合はどうなる?

センターラインをはみ出した対向車との事故|過失割合はどうなる?

センターラインをはみ出した対向車と接触し事故が起きた場合、過失はすべて対向車にあり、過失割合は100:0となるケースが多い でしょう。

ただし、被害者の側に過失がある場合や、事故が発生した場所によっては、過失割合が修正される可能性もあります。

この記事では、センターラインをはみ出して起きた事故の過失割合について詳しく解説します。

センターラインのはみ出しによる事故は100:0が基本

対向車がセンターラインをはみ出して事故が起きた場合、原則として過失割合は100:0になり、全ての責任はセンターラインをはみ出した運転手にあります。

道路交通法で、車両は道路の中央から左側を通行するよう定められているからです。 

交通事故においては、過失割合の大きい方が加害者、少ない方が被害者と呼ばれます。

センターラインのはみ出しによる事故で100:0にならないケース

センターラインのはみ出しによる事故の過失割合がすべて100:0で決定されるわけではありません。

交通事故の過失割合は、個別具体的な事情によって異なります。

以下のケースでは、被害者に著しい過失があったとみなされ、過失割合が変わる可能性があります。

被害者の前方不注意

被害者の前方不注意を理由に、過失割合が1020%修正される ケースがあります。

被害者が、加害者のセンターラインのはみ出しに即座に気づいていれば、事故を防げた可能性があるからです。

その場合、被害者の前方不注意に対して、いくらかの過失が認められます。

被害者の速度超過

被害者が法定速度を超過していた場合も、過失割合の変更があり得ます。

この場合も、被害者が制限速度を守っていれば事故を防げた可能性があるとみなされ、被害者側の過失となります。

センターラインをはみ出しても良い場所での事故

道路交通法第17条5項には、センターラインをはみ出して通行できる特定の状況が記載されています。

 

勾配の急な道路のまがりかど附近について、道路標識等により通行の方法が指定されている場合において、当該車両が当該指定に従い通行するとき。

引用元:e-GOV法令検索

 

つまり、見通しの悪いカーブで右側通行の標識がある場所です。

 

このような場所での事故の場合、被害者側が減速していれば、事故を回避できた可能性があるとみなされ、過失割合が修正されるケースもあります。

まとめ

センターラインをはみ出してきた対向車との事故は、原則として加害者に100%の過失が認められます。

ただし、被害者側にも前方不注意、速度超過、減速が不十分であったなどの著しい過失がある場合、過失割合が修正される可能性があります。

交通事故トラブルで過失割合についてお悩みであれば、専門家である弁護士に相談して適切なアドバイスを受けるようおすすめします。

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 高次脳機能障害の症状や等...

    ■高次脳機能障害とは高次脳機能障害とは、様々な定義がありますが、脳損傷を原因として生じる日常生活や社会生活を送ることが困...

  • 泉佐野市の自己破産は弁護...

    ・複数の金融機関等から借金しており、返済がなかなかできていない・長年借金の返済をしているが、借金が減らない・住宅ローンの...

  • 浮気・不倫の慰謝料計算方...

    ■浮気・不倫による慰謝料請求浮気・不倫をされてしまった場合には、配偶者や浮気・不倫の相手方に対して不法行為に基づく損害賠...

  • 遺産相続で起こりやすいト...

    ■相続人の地位をめぐるトラブル遺産相続では、最初に相続人と相続財産を確定させ、その分配方法を決定し、名義変更等の手続を行...

  • 財産分与

    「今まで苦労して家庭を守ってきたのに、離婚すると一文無しから再スタートしなければならないの?」「離婚を検討しているものの...

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 相続開始から申告までの流...

    被相続人が死亡すると相続が開始しますが、その手続きは煩雑であり、以下のような流れで行われます。 まず、七日以内...

  • セックスレスを理由に離婚...

    現在離婚を考えているが、セックスレスを理由に離婚をすることができるかといったご相談を受けることがあります。当記事では、セ...

  • 相続人不存在に当たるケー...

    相続人不存在とは、被相続人(亡くなった人)の財産を相続する人が一人もいない状態です。この記事では、相続人不存在になる状況...

  • 親権と養育費

    「子どもがいるなかで離婚を考えているが、まだ親権についてよく理解できていない」「子どもが大学進学を目指しているが、離婚後...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00
定休日 土・日・祝日

ページトップへ