離婚調停 期間 / 弁護士法人西村総合法律事務所

弁護士法人西村総合法律事務所 > 離婚・浮気トラブルに関するキーワード > 離婚調停 期間

離婚調停 期間

  • 離婚調停の流れ

    離婚調停の手続き〇離婚調停の申立て離婚調停は、夫婦の一方が家庭裁判所に申し立てることによって開始します。調停の申し立てを行うためには、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に必要書類を提出する必要があります。 必要書類には、申立書、夫婦の戸籍謄本、事情説明書、連絡先等の届出書、信仰に関する紹介回答書があります。これ...

  • 親権獲得をするために

    親権を争い、離婚調停や離婚裁判になる際に重要視されるのは、子どもが安全かつ健康に過ごすことが可能で、子どもの生活環境の変化が少ないということです。子どもに暴力を振るわないようなことはもちろんですが、普段から子どもとどれだけコミュニケーションをとってきたか、ということも重要なファクターとしてみられるのです。また、中...

  • 財産分与

    「結婚期間中に夫婦が築いてきた財産を、離婚にともなってそれぞれの分に分割すること」というふうに言えるでしょう。財産分与は、これまでの結婚生活を清算し、それぞれが新しい人生を再スタートさせるために必要なことなのです。 ■財産分与の対象財産分与の対象となるものには、現金や預貯金はもちろん、所有している自動車や住宅も含...

  • 離婚の種類と手続き

    調停離婚とは、家庭裁判所で行われる離婚調停を経て、離婚やその諸条件について合意することで成立させる離婚の方法をさします。調停離婚のメリットとしては、調停委員会が第三者として夫婦の間に入ることで、相手にさえぎられることなく自分の主張をすることが可能になり、かつ感情的になりすぎることが減るために離婚における妥協点を探...

  • W不倫の慰謝料相場

    たとえば、損害額の認定には、苦痛の程度、婚姻期間、責任の重さ、子どもの有無、不倫相手の認識・意図、婚姻生活の状況などが考慮されます。婚姻生活の状況として、夫婦関係が円満であれば、夫婦関係に与えたダメージが大きいと判断されますが、元から夫婦関係が悪かった場合、精神的なダメージは小さいと判断されます。また、セックスレ...

  • 浮気・不倫の慰謝料計算方法

    ・婚姻期間の長短婚姻期間がながければ、より慰謝料が高額となる傾向にあります。 ・浮気・不倫の期間の長短浮気・不倫の期間がながければ、より慰謝料が高額となる傾向にあります。 ・不貞行為の回数不貞行為の回数が多いほどより慰謝料が高額となる傾向にあります。 ・妊娠、幼い子どもの有無妊娠している場合や、子どもがいる場合は...

  • 休業損害とは

    しかし、日額基礎収入は1日働いた場合に得られる平均的な対価ですから、これを計算するにあたっては、3カ月間または1年間に発生した給与合計額を【その期間内の実働日数】で割るのが適切です。90日や365日で割る計算だと、平日・休日をすべて含めて1日当たりの給与を計算することになって、日額基礎収入が実際より安くなってしま...

弁護士法人西村総合法律事務所が提供する基礎知識

  • 過払い金請求

    利息制限法という法律により、借りた金額によって金利の上限が定められています。過払い金とは、その上限を超えた金利を支払って...

  • 親権獲得をするために

    「経済的に困窮した暮らしになる可能性が高いが、子どもの親権が必ずほしい」「男親だが子どもをとても大切にしてきたので、親権...

  • 示談交渉

    「交通事故の加害者側の保険会社から示談金額を提示されたが、少ないか判断できない」「交通事故の示談交渉で不利にならないため...

  • 追突事故の過失割合

    自動車同士の交通事故として、追突事故が最も多い類型となっています。信号待ちで停車中に後続車両に追突されたような場合や、急...

  • 泉佐野市の自己破産は弁護...

    ・複数の金融機関等から借金しており、返済がなかなかできていない・長年借金の返済をしているが、借金が減らない・住宅ローンの...

  • 交通事故のトラブルを弁護...

    「交通事故の被害にあったが、損害賠償請求をどのように進めればいいのかわからない」「自分が加入している任意保険会社の担当者...

  • 後遺障害

    「交通事故で怪我をしてしまい、後遺症が残ってしまうかもしれない」「後遺障害についても十分に損害賠償をしてもらうには、どう...

  • 交通事故で被害者が死亡し...

    「愛する家族を交通事故で失った。加害者には罪を償ってもらいたいと思うが、損害賠償請求などについてどう対応したらよいのか分...

  • 親権と養育費

    「子どもがいるなかで離婚を考えているが、まだ親権についてよく理解できていない」「子どもが大学進学を目指しているが、離婚後...

  • 遺産分割協議

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士の写真
弁護士
西村 拓憲(にしむら たくのり)
ご挨拶

大阪府泉佐野市の弁護士 西村 拓憲です。


離婚・男女問題、遺産相続、交通事故などのあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。

事件解決後の生活や、将来起こりうる事態までも視野に入れながら、適切なご提案をいたします。


事前にご予約いただければ、土日祝日のご相談も受け付けております。

駅徒歩1分の好立地でアクセスが良く、お車でお越しの方のために駐車場もご用意しておりますので、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

所属

日本弁護士連合会

大阪弁護士会

経歴
出身地 泉佐野市出身
学位、学歴 上宮高校 卒業
明治学院大学 法学部 法律学科(知的財産法・英米法専攻)
近畿大学法科大学院 首席修了 法務博士(専門職)
最高裁判所 司法研修所 修了

事務所概要

名称 弁護士法人西村総合法律事務所
代表者名 西村 拓憲(にしむら たくのり)
所在地 〒598-0062 大阪府泉佐野市下瓦屋4丁目1-1 西村ビル2F
アクセス 南海本線 井原里駅から徒歩1分/西村ビル裏に専用駐車場あり
電話番号/FAX番号 【TEL】072-458-7801 【FAX】072-458-7802
対応時間 平日 10:00~18:00 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ